一般事務に就業するには

高校や短大などを卒業し、企業や団体などに採用され、様々な部署にはいぞくされて事務作業を行ないます。

中途採用については、人材派遣会社などに入社し、受託先の企業や団体などに派遣されて仕事をすることが多いようです。

補助的な業務から始めて経験を積み、思考判断や創意工夫を行いながら事務処理能力を向上させることが重要になります。事務処理の管理監督的な謖に就く場合や、司法書士や行政書士などの資格を得てコンサルタント的な業務に転向する場合もあります。

事務処理の高度化、専門化により、コンピュータ処理能力、文書作成能力、簿記、英会話など仕事に関連のある技能や資格が求められています。そのため、各種講習への参加や通信教育の受講などスキルアップのための自己啓発が必要となります。