テレコミュニケーターに就業するには

入職にあたって、金融などの一部の業務を除いて、特別な知識や能力は必要とされません。学歴については不問の場合が多いようです。

採用は求人広告を通じて行うことが一般的です。また、人材派遣会社などから採用も多く見られます。

入職後、敬語やコミュニケーション方法、商品・サービスなどの業務知識を学習し、ロールプレイングなどを通じて業務の理解を深めていきます。その後、お客様との応対業務をスーパーバイザーと呼ばれる管理者に付いてもらいながら行なった上で、業務の習得具合を見ながら1人で応対業務を行っていきます。

どのような業務・業務であろうとも、お客様との関係を築く役割を担っていることからコミュニケーション能力が必要とされます。敬語やコミュニケーション、正しい電話・Eメール対応を体系的に学習できる「テレコミュニケーター検定」などの資格取得も、就職もしくは就職後に大いにプラスとなります。また、コンピュータを利用するので操作端末に慣れている方は優遇されます。